いい出会いがない、結婚相談所は情けない、と言っている場合か

婚活で大事なことは何でしょうか。いくつか思いつくことがあると思いますが、その中でどうにもできない大事なものの一つが、年齢です。婚活では、年齢がとても大事です。

いつまでもダラダラ婚活をするのは、素敵な結婚相手と出会い結婚したい人にとっては避けないといけません。結婚できないリスクが高まります

そんな年齢という条件について、このコラムを書いています。タイトルは、「いい出会いがない、結婚相談所は情けない、と言っている場合か」です。このタイトルに思いを込めています。あなたに伝わることを願っております。

年齢のことを考えたらいち早く確実な婚活を真剣にすることが必要だということがご理解いただけるのではないでしょうか。生涯未婚者(50才までに結婚したことのない人)にならないよう年齢について考えてください。そして、行動してください。

結婚相手に求める第一条件は"年齢"

結婚相手に求める第一条件は何かに気づいていますか。あなたも同じように結婚相手の条件として求めています。結婚相手には求めているのですが、自分自身が求められていることを意識している人が少ないという不思議な現象があります。

結婚相手に求める第一条件は、ズバリ年齢です。当たり前と言えば当たり前です。しかし、自分自身が異性から選らばれる対象として、年齢が第一条件になっているという認識は薄いのでは。

その証拠に、結婚相談所の利用者の例をあげると、男性は若い女性を求める傾向が一般的に見受けられます。女性は年上で年齢の離れている男性を受け入れない傾向が伺われます。どちらも、自分自身の年齢については意識が薄いことの現れではないでしょうか。自分自身の年齢を棚に上げて、結婚相手には年齢を第一条件として求めています

婚活で29才と30才は大違い

婚活をしている人で、29才と30才、34才と35才、39才と40才・・・の違いをわかっている人は少ないのでは、と思います。

結婚相談所では、顕著に違いがでます。プロフィールに29才と書けるか、30才と書くのかでは大きな違いがでます。年齢という第一条件は5才刻みで対象者を見ることが人間の心理としてあるようです。特に29才と30才、39才と40才は大きな差と認識する傾向が伺われます。あなたも知らず知らずにそのようになっていませんか。

ですので、結婚相談所の会員登録のシステムで、結婚相手を探す場合、この5才刻みで条件設定されることが多く、その結果、1才の違いで結婚相手の対象からはずれてしまいます。出会いのチャンスを逃すことになり得ます。

驚愕!30代後半は1年間に100人中2〜3人しか結婚できない

年齢で結婚する可能性を示すデーターがあります。婚活の本から引用して要約するかたちで紹介します。引用もとは、大橋清朗著「また会いたくなる人」です。

5年に一度おこなわれる国勢調査の結果を分析したものです。2000年と2005年のデーターです。ちょっと前のデーターですが、今はもっと傾向が進んでいるのではと考えます。

 “2000年に35〜39才の未婚男性は25.7%いました。この人たちが2005年の5年後には、40〜45才になっています。その2005年の40〜45才の未婚率は22.0%です。これは2000年に30才後半だった未婚男性が、2005年までの5年間で25.7%から22%に減っていることになります。この差が5年間に結婚した確率になります。

この場合わかりやすくすると、257人の30代後半未婚男性のうち、5年後も結婚していないのは220人です。結婚した37人は、257人の全体の14.4%です。これは5年間ですので、1年間のうち結婚できる確率は約3%。同様に分析すると、30才後半の女性では約2%、40才前半女性は約1%です。

ここに30代後半未婚男性100人に集まってもらったとします。今年結婚できる人はこの中で3人です。97人は来年も未婚のままなのです。30代後半女性なら今年結婚できる人は3人です。97人は来年も未婚のままなのです。40代前半の女性なら今年結婚できる人は2人です。98人は来年も未婚となります。“

 このように結婚できていない人は、ザックリ言えば5年たっても結婚できないということになるのです。このことを知っている人は、ほぼいないのではないでしょうか。

いい出会いがない、結婚相談所を利用するのは情けない、と言っている場合ではない

あなたはどれぐらい真剣に婚活をしていますか。婚活においては年齢がとても大事ということです。30代以降は真剣に婚活をしないと、結婚は遠いものとなってしまいます

婚活パーティーや街コン、婚活アプリでたまに活動する程度では結婚相手に出会えないと思います。自分の年齢をしっかり意識して婚活をすることをオススメします。

また、いつ出会えるかわからない婚活も気休めにしかならないと考えたほうがいいと思います。いつ出会えるかわからない婚活とは、自然な出会いを期待しているとか、友人からの紹介を期待しているとか、婚活パーティーでの出会いを期待しているとか、婚活アプリを利用しているとか、です。どれも、会える異性の数は少ないです。これらに期待して、1年、2年、3年・・・と時間に流されていくと、生涯未婚となってしまいます。

真剣に婚活するなら、一番オススメはなんといっても結婚相談所を利用することです。たくさんの異性に会うことができる可能性が高いからです。たくさんの異性に会えれば、結婚相手としてのいい出会いを期待できます。

受験勉強や就職活動を真剣にするように、結婚相談所を利用して1年は真剣に身を入れて婚活する覚悟が必要だと思います。そういう時代なのです。

私の書いたコラムの中で、「いい出会いがない」「結婚相談所を利用するのは情けない」というタイトルのものが検索されて、アクセスがたくさんあります。このタイトル通り、いい出会いがない、結婚相談所を利用するのは情けない、という気持ちがある方が多いのでしょう。

しかし、年齢から見て、30才以降はこんなことを言っている場合ではないのです。これらのキーワードで検索していること自体、あなたが結婚できない要因となっているのではないですか。自分が直面している状況にしっかりと向き合ってください。向き合う勇気を持ってください。

30才以降は結婚相手に出会える可能性の高い結婚相談所での婚活を、すぐに始めることが、生涯未婚者にならない唯一確実性の高い方法だということをお伝えします

真剣に婚活しようと思われたのでしたら

「出会いがない、相談所を利用するのは情けない、と言っている場合か」のタイトルで、婚活に大事な年齢について見てきましたが、いかがでしたでしょか。

 婚活、年齢は大事!!

1.結婚相手に求める第一条件は年齢

2.婚活で29才と30才は大違い

3.驚愕!30代後半は1年間に100人中2〜3人しか結婚できない

4.いい出会いがない、相談所を利用するのは情けない、と言っている場合ではない

 あなたに届いたところはありましたか。このコラムが、あなたの婚活にお役に立てれば幸いです。

結婚相談所で真剣に身を入れて婚活しようと思われましたら、一度お会いしてお話しませんか。あなた自身のことやあなたが求めている結婚相手のことなどお話しましょう。何かが変わりますよ。

結婚相談所マリリング名古屋には無料相談のサービスがありますので、お気軽にご利用ください。お問合せもお待ちしております。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お問合せ・無料相談予約

お電話でのお問合せはこちら

070-5599-2352

LINEで簡単に問合わせ・無料相談は、「友だち追加」ボタンをタップ(クリック)してください。

友だち追加

フォームでのお問合せ・ご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。(年中無休)

友だち追加
日本結婚相談所連盟

結婚相談所マリリング名古屋はIBJ加盟の優良結婚相談所です